初夏を告げるわが家の庭のさくらんぼ

Posted By on 2014年5月3日

GWになりました。

この時期、わが家の庭のさくらんぼの樹には、すこし赤味を帯び始めた実が沢山なっています。
特に、なんの手入れもしないけれど、毎年沢山実をつけてくれる「さくらんぼ」。

庭で育てる事が出来る果樹では、みかん等は、甘くならないとか見た目が良くないとか、
実際に美味しく食べるにはかなり気を使って手をかけないと難しいようです。

でも、わが家のさくらんぼは、とても優秀で毎年実をつけるのも勿論、味も良いのです。

甘酸っぱくて、ふっくらした果肉。
何よりビジュアル的にとても目を引く、鮮やかな緑の葉の間から、
何ともいえない可愛らしい、つややかな赤い実が沢山なっている様は本当にステキですよ。

ただ、こんなに素晴らしいアイテムですから、鳥達との格闘は毎年の悩みです。

もう少しで最高の状態になる事をいち早く察した鳥達は、
「さあ、いよいよ収穫の時」と思う時、あっという間に横取りしていくのです。

朝、沢山実が付いていたはずなのに、ものの数時間でほとんどを持って行ってしまうのです。

この時ばかりは、本当に涙が出てしまう位辛い思いです。

今年は、何とか満足出来る位口にしたいものです。

Comments are closed.